有料老人ホームの利用について

私の祖父は、今、有料老人ホームへ入っています。
2年前までは祖父・祖母・父・母・私と妹で住んでいたのですが、
祖母が他界したのを機に、祖父は1人有料老人ホームへ入りました。
元々は私たち家族と祖父・祖母は別々に住んでいたのですが、
祖母が病気になったのを気に一緒に住むようになりました。
一緒に住んでいた時は、家族とはいっても今までは別々に暮らしていたので、
やはり少し関係がギクシャクしていました。
また、生まれてからずっと同じ土地に住んでいた祖父は、
いきなり私たちの元へ引っ越しをして友人ができず、寂しい思いをしていたと思います。
祖父が老人ホームへ入ったのは、家族に迷惑をかけたくない気持ちと、
気を使わないで自由に暮らしたいという気持ちがあったのではないかと思います。
現在は、祖父は老人ホームで家族に気を使うこともなく、
友達もでき、楽しく過ごしているそうです。
私たち家族としても、ずっと一緒にいるのではなく、
今までと同じくたまに会うことでよい関係を保っています。
有料老人ホームへ入るという選択肢は、私が歳を取ったときも、
家族へ迷惑をかけずにすごすために、必要だと思います。

有料老人ホームの魅力