有料老人ホームを体験すると

私の祖母は二年ほど前から有料老人ホームに入っていますが、色々と楽しい事を体験しているのだそうです。
まず去年のことなのですが、近所の盆踊り大会に参加させてもらったのだそうです。
そのときには浴衣をこちらのほうで用意したのですが、ちゃんと職員の方により着付けもしてもらいました。
もしも祖母に自分たち家族で着付けをさせるとなりますと結構な面倒な手間がかかるので結局浴衣を着用させることが出来なくなるのですが、老人ホームだからこそこのような手間のかかることもできるのだと思いました。
また、三食食事が出るほかに10時にはお茶の時間、そして三時にはおやつの時間があります。
私たちはよく老人ホームに面会に行くのですが、職員さんのご好意により私たちにもコーヒーを出してくれたことがありました。
預かっている老人のみならず家族に対しても気遣いができるというのはすごいことだと思いました。
その他にも祖母が化粧品を失ってしまったときにも一生懸命に職員の方が探してくれたことを覚えています。
一人一人の老人の家族からの要望を聞いてくれるいいところだと思いました。
ですので祖母をここに入れてよかったと思います。
老人ホームに入ってからというもの、祖母の表情がかなり穏やかになったのではと思います。
それだけ本人も満足しているのかもしれません。
安全対策のしっかりとしてる施設ですしこの先も祖母のことを任せておいて安心なところだと思いました。

有料老人ホーム体験談